牛久市のネズミ駆除の事例1

牛久市の一戸建てよりネズミ駆除のご相談です。

ネズミらしき動物が、壁の中や天井裏に潜んでいるようで、中から音がするというご相談でした。

調査にお伺いしたところ、天井裏を確認するための点検口がほとんどないため、お風呂場の点検口から天井裏を覗いたところ、ネズミのフンがいくつか確認できました。

牛久市ネズミ駆除(床下のクマネズミの足跡)

ネズミ以外の動物の可能性もゼロではないため、床下を確認すると、ネズミの足跡を発見いたしました。

配管部分に点々と足跡がありますが、経験がないと全くわからないと思います。

足跡からするとクマネズミのようです。

こうしたヒントを手がかかりに、ネズミの種類や侵入口、徘徊ルートを特定し、ネズミ駆除と対策を構築していくのがネズミ駆除業者の仕事です。

今回はまず、床下からネズミが侵入しているということが確定いたしました。
ネズミは1カ所からの侵入だけでなく、複数箇所あることがほとんどですので、さらに調査を進めていきます。

家の外周もしっかりと確認していきます。

外周では、10数カ所でネズミが侵入可能な隙間やルートが確認でき、ネズミ駆除の進捗状況に合わせて、閉塞箇所を段階を踏んで進めていきます。

最初に全てのネズミ侵入口を封鎖してしまうと、ネズミが建物内から出られず暴れて走り回ってしまったり、手が届かない場所で死んでしまうとウジやハエが発生したり、強烈な腐敗臭などで二次被害が発生してしまいます。

牛久市のネズミ駆除(換気扇のネズミ侵入口)

こちらはは、メインのネズミ侵入ルートではありませんでしたが、風雨やサビで劣化し、換気扇の網に穴が開いてしまっていました。

こうした箇所は穴が開いたまま放置しますと、どんどん広がります。ネズミ侵入だけでなく、ゴキブリなどの害虫やコウモリも侵入してきますので、しっかり封鎖施工することも大切です。

牛久市のネズミ駆除の事例2

こちらのケースでは、お家の配管パイプのスペースにしっかりと隙間が開いていました

こうした箇所からネズミは壁の中に入り込み、上に上がって天井裏に侵入してきてしまいます。

ハウスメーカーさんでよくあるパイプスペースで、ネズミ侵入ルートとなることが多い箇所です。

また、お庭をよく観察するとモグラが掘った穴がいくつも発見されました。

こうしたモグラが掘った穴をネズミが通って家の床下に侵入するケースも多々あります。

そのため、目に見えるパイプスペースだけでなく、パンチングメタルという資材を使って地面の中まで閉塞いたしました。

モグラが掘った穴を通じてネズミが床下へ侵入することを阻止する施工です。

ここまで対策する業者もほとんどないと思います。

ただ封鎖するだけでなく、見た目もキレイに封鎖施工するよう心がけて作業をしています。

ちなみにモグラ対策も当社は得意としています。
よろしければご相談ください。

ネズミ駆除の流れは、お客様の状況によって大きく変わりますが、今回は壁と天井からのネズミの気配は2度目の作業時にはなくなっていました。

3度目の訪問時にはネズミの生息がゼロになっていることを確認した上で、最後の仕上げとなる天井裏の消毒・消臭作業を行い完了となりました。

茨城県のネズミ駆除は現地調査・お見積もり無料です。
どうぞお気軽にご相談ください。

早めの対処がネズミ駆除の時間の費用もかかりません。

茨城県のネズミ駆除は地域密着20年の当社へお任せください



茨城ネズミ害獣駆除センター
〒300-1622
茨城県北相馬郡利根町布川253

茨城県南部のネズミ駆除を毎日ご対応しております。

害虫獣防除業登録 茨城県25ね竜保第2号
(一社)茨城県ペストコントロール協会 会員
(公社)日本ペストコントロール協会 会員
防除作業監督者