龍ケ崎市のネズミ駆除の作業事例をご紹介いたします。

龍ケ崎市でのネズミ駆除のご相談は、飲食店や施設からが多かったのですが、最近は特に一般住宅からのご相談が増えています。
家の屋根裏に入り込んだり、壁の中でカリカリと音がするなど、ネズミをみていないが気配がするといったものです。

龍ケ崎市の一般住宅のネズミ駆除では、築年数が経過したお家が多く、築30年前後のお家が8割を占めます。

経年劣化によってネズミがかじって穴を開けやすくなっているなど、築年数が経過するほどネズミ被害のリスクが上がっていきます。

龍ケ崎市での一戸建てのネズミ駆除の事例

龍ケ崎市の一戸建てでのネズミ駆除の事例です。

ネズミの姿は見ていないが、屋根裏や壁の中で音がするのでみてほしいというお客様からのご相談です。

屋根裏に入り込む動物はネズミだけではありませんので、どういった動物が入り込んでいるのか、調査を行なった上で対策する必要があります。

入り込んだ動物を直接見ることもありますが、多く場合フンの状況を見て判断していきます。

龍ケ崎市のネズミ駆除

屋根裏を確認したところフンが散乱していました。

フンを確認したところ、ネズミのフンであることが判明し、ネズミが屋根裏に入り込んでいることが確定となりました。

ネズミのフンは他の動物とも似ているため、素人の方や経験の浅い業者では判別がつきにくいのですが、20年もやっていると見た瞬間でわかります。

ネズミの種類も最も賢く警戒心の強いクマネズミであることもわかりました。

龍ケ崎市のネズミ駆除

ネズミは決まった場所でトイレをせず、歩きながらポロポロとフンをしていきます。

フンのある場所を辿っていくとネズミの侵入ルートが見えてくることもあります。

写真のように幅の狭い柱も巧みに歩いてフンをしながら屋根裏を走りまわります。

龍ケ崎市のネズミ駆除

コチラは配電盤ですが、配線が壁から引き込まれている箇所にはたいていこのような穴が開いたままになっています。

この穴からネズミが出てくることもあり、室内にネズミが出てくることは時間の問題という状況でした。

室内にネズミが入ってこないよう、現在ネズミの通るルートでない場合でも封鎖施工を行なっていきます。

龍ケ崎市のネズミ駆除

そもそもお家の床下や屋根裏に入るルートがあるため、ネズミが入り込むわけですので、ネズミ侵入の原因である外部の侵入口を特定し、1つ残らず封鎖していくことが大切です。

ネズミ駆除というと、粘着シートを敷いたり、ねずみ取りのカゴを設置したり、殺鼠剤を置いたりというイメージが強いですが、ネズミ駆除業者のメインの仕事は、ネズミ侵入ルートの封鎖です。

この侵入ルートを見つけていく力こそ、ネズミ駆除業者の技術と実力差となってきます。

実際にネズミ駆除業者に依頼しても止まらずに費用ばかりかかっているといったご相談もよくお受けします。

当社ではネズミ被害が全く止められなかったという現場はありませんので、多少なりとも技術はあるのではないかと思っております。

龍ケ崎市でもネズミ駆除費用が高額な業者がいるようです

今回のお客様は、ネットで紹介された他のネズミ駆除業者にもお見積もりを取られていました。
そのネズミ駆除費用が非常に高額であったため、当社にもご相談されました。

ネズミ駆除の費用は、被害状況や建物の状態などによって大きく変わるため、10万円以下の場合から、築年数がかなり経過した隙間だらけのお家などでは40万円近い金額までかかることもあります。

これだけ費用の幅があるため、やはり複数の業者に見積もりを取ることが大切かと思います。

20万円を超えるお見積もりの場合は、いったん冷静になって他の業者にもご相談してみてください。
他の業者でも同じくらいの見積もりであった場合は、それが適正価格だったとわかると思います。

龍ケ崎市でも周辺地域の業者や千葉や都内からも高額な金額を提示する業者がいます。
なるべく地域密着型で社歴の長い業者を選ぶと安心だと思います。

逆に安い業者を選ぶのもお気をつけください。

安い場合は、ほとんど効果なく終わってしまったり、ネズミ被害が止まらずそのままフェードアウトしていく業者もいます。

ネズミ駆除は被害が止まらなければ、いくら安くても無駄なお金になってしまいます。
駆除費用だけに惑わされず、自身のお家のネズミ駆除の適正価格はどのくらいか見極めることも大切です。

茨城県のネズミ駆除は地域密着20年の当社へお任せください



茨城ネズミ害獣駆除センター
〒300-1622
茨城県北相馬郡利根町布川253

茨城県南部のネズミ駆除を毎日ご対応しております。

害虫獣防除業登録 茨城県25ね竜保第2号
(一社)茨城県ペストコントロール協会 会員
(公社)日本ペストコントロール協会 会員
防除作業監督者