古河市のネズミ駆除にお伺いした際の作業事例をご紹介いたします。

古河市でのネズミ駆除のご相談のほとんどは、築30年前後の一戸建てです。
特に住宅が密集している地域でネズミが多く発生しており、様々なお家に転々と入り込んだり、子どもを出産して増えたネズミが他にお家に入り込んだりと被害が増えている状況です。

築30年ともなりますと、外壁や屋根、床下換気口などが傷んでくるため、ネズミがかじって穴を開けやすくなります。
ネズミ被害が出ていないか、穴や隙間が開いていないか時々チェックする必要があります。

古河市での一戸建て住宅のネズミ駆除の事例1

古賀市の一戸建てにお住まいの方から「ネズミが室内に出ており、電気コードをかじられている」とのご相談がありました。

電気コードをネズミにかじられることで、漏電を起こして火事になることもあります。
ネズミ被害で最も注意しなければならないところです。

調査にお伺いしますと、家の中のあらゆる電気コードをかじられており、急ぎネズミ駆除と対策が必要な状態でした。

ネズミが家に入ってきた初期段階では、天井裏や壁の中だけにいることがほとんどで、人が生活する室内には出てきません。
時間が経って、ネズミが慣れてくると徐々に室内にもあらわれますが、見ることはほとんどなく、フンが落ちていることでネズミが室内にも出てきたことに気づきます。

古河市のネズミ駆除

まず、水を電気で沸かす電気ポットのコードがネズミにかじられていました。

電気ポットは常にコンセントに差しっぱなしの状態が通常ですので、ネズミにかじられている最中に感電してしまったり、漏電火災にもなりますので非常に危険な状態です。

古河市のネズミ駆除

ご覧のようにコードの表面がかじられており、中の配線が見える状態でした。

誤って触ってしまうと感電するところです。
放っておけば、さらにネズミがかじって火災にもなりかねません。

古河市のネズミ駆除

こちらは、スマートフォンの充電ケーブルです。
コードがかじり切られており、ネズミにコードの先はネズミがどこかに持っていってしまったとのことでした。

本来、ネズミは大変臆病で警戒心が強いため、人がいるところにはなかなか近づきません。
ネズミを見たことがあるという人は少ないのではないでしょうか?

それでもこうして、室内を縦横無尽に走り回り、あらゆる電気コードをかじっている状態は、ネズミが天井裏や壁の中だけでなく、室内さえも自分の家だと思い込んでいるものと思われます。

室内を調査すると、台所や洗面所はもちろん、仏間や寝室そばの部屋までネズミのフンがあちこちに散乱していました。
ネズミは歩きながらフンをするため、ネズミが出没する部屋にはたいていフンが落ちています。

こうなると非常に厄介で、素人の方がネズミ駆除を行っても簡単には出ていってくれません。
すでに家全体のマップもネズミの頭にあるでしょうから、粘着シートなどを敷いても捕まえることも至難の技です。

ネズミのフンは室内だけでなく家の庭や外周部にも落ちており、常に出入りしている状態であることと、複数のネズミが生息していることが確認されました。

今回のネズミ駆除の作業としましては、まずネズミを室内から外に追い出ししつつ、状況を見ながら侵入口の封鎖を徐々に行っていく流れとなります。

すぐに侵入口を封鎖してしまうとネズミを家に閉じ込めてしまい、パニックになったネズミが室内を走り回る可能性があります。

また、侵入口を塞ぐことが遅すぎますと、せっかく出ていったネズミがまた戻ってくるため、ネズミの生息状況を見ながら作業を行っていく必要があるわけです。

いずれにしても、室内を走り回っている段階まできますと駆除までに時間も費用もかかるため、天井裏や壁の中に止まっている場合や、フンを見かけたなどのネズミ初期段階で早期にご相談していただくことが先決です。

古河市での一戸建て住宅のネズミ駆除の事例2

古河市のネズミ駆除2件目の事例です。

同じく一戸建てのお家で、天井裏や壁の中でガサゴソと頻繁に音がしており、一度ネズミも室内で走っているところを見かけたというご相談です。

ネズミが室内に出ているということで、今回も被害が広がっているものと予想されます。

ネズミ駆除の経験から、調査前の事前ヒアリングである程度ネズミの行動範囲と被害状況が見えてくることがあるため、こうした内容は早期解決の貴重な情報となります。

調査にお伺いしますと、あらゆる箇所に黒い付着物のラットサインを発見いたしました。

ラットサインは、ネズミが頻繁に通ることで体の汚れが壁などに付着し黒っぽい汚れが付くようになります。

こうしたラットサインはネズミが通るルートを見極める上で非常に重要となります。
頻繁に通るルートが分かりますと、ネズミがどこから侵入しているのかが分かります。

古河市のネズミ駆除

写真は和室の長押となります。

ネズミがここを頻繁に出入りしていることでできる、黒い汚れが付着していることが確認できます。

お客様は一度ネズミを見たそうですが、ラットサインの様子からネズミは何度も室内に来ているのは確実です。
ネズミは様子を伺いながら室内を物色するため、住んでいても気づかないこともあります。

古河市のネズミ駆除

ネズミは暖かい場所を好むため、浴室の天井裏に巣を作ることがあります。

チェックしますとやはり、ネズミが生息していたようで、浴室天井の点検口の蓋の断熱材がかじられていました。(左側)

黒いものはネズミのフンです。

古河市のネズミ駆除

天井裏を覗くと、断熱材がご覧のようにネズミによってかじられ始めていました。

このまま放っておけば、全ての断熱材がボロボロになってしまいます。
フンもあちらこちらに散乱しており、駆除するなら今のタイミングです。

ネズミが室内に出ていたものの、まだネズミの生息数も少なく被害もある程度限定的だったため、3回の訪問でネズミ完全駆除ができました。

ネズミのフンは感染症を引き起こすウイルスもあるため、天井裏の消毒作業もいたしました。

兎にも角にも、ネズミ駆除は早期発見が鍵です。

ネズミかな?と思った段階でご相談いただくのがベストです。

現地調査は無料でお伺いしています。
お気軽にご相談ください。

茨城県のネズミ駆除は地域密着20年の当社へお任せください



茨城ネズミ害獣駆除センター
〒300-1622
茨城県北相馬郡利根町布川253

茨城県南部のネズミ駆除を毎日ご対応しております。

害虫獣防除業登録 茨城県25ね竜保第2号
(一社)茨城県ペストコントロール協会 会員
(公社)日本ペストコントロール協会 会員
防除作業監督者