つくばみらい市のハクビシン駆除・害獣駆除の事例をご紹介しています。

つくばみらい市では、ハクビシンなどの害獣による被害が住宅地で広がっています。
築20年を超えてからの被害が多く、屋根裏に入り込み糞尿で天井が歪んだりの被害が発生しています。

つくばみらい市のハクビシン駆除・害獣駆除の事例をご紹介

つくばみらい市のハクビシン駆除の作業事例1

つくばみらい市の一戸建ての方よりハクビシン駆除のご相談が入りました。
天井裏にハクビシンか何かの害獣がいるようで毎日のように足音などがしているとのことでした。

天井裏にハクビシンなどの害獣が入り込む場合のほとんどは、屋根からの侵入です。

屋根にはもともと隙間が開いていることも多く、ハクビシンなどの害獣が簡単に侵入できてしまいます。
また、天井板を壊されたりして穴を広げて入ってくる害獣も多く、注意が必要です。

普段住んでいると屋根の上に上がることはまずありませんので、なかなか気づかないことも多く、天井裏で足音が聞こえ始めてからやっと、何かが入り込んでいるとわかるものです。

気づいた時にはかなりの溜フンをされていて、天井板にシミができたり、フンの重さで天井板がたわんでしまう被害も出ます。
(溜フンとは、ハクビシンは同じ場所にフンをする習性があり、フンが溜まった状態のことです。)

ハクビシンの侵入口の屋根の隙間

調査にお伺いしたところ、やはり屋根の一部に隙間が開いており、そこからハクビシンが侵入していたようです。

屋根や天井を壊されて入っていたのではなく、もともと隙間が開いていたようです。

こうした隙間は、昔ながらのお家にはよくあり、木材の水分による収縮に対応するためや、通気を兼ねたもので欠陥住宅というわけではないケースがほとんどです。

最近のお家ではこうした隙間がほとんどなく、密閉性の高いお家であるため、ハクビシンなどの害獣が入り込むことはありません。

だいたい築20年以上のお家のほとんどには、こうした隙間が多少なりとも開いています。

ハクビシンなどの害獣が入り込むような隙間でなくとも、その隙間に手や爪で引っ掻いて壊して穴を広げて入り込むことも多く、築20年以上のお家は害獣侵入のリスクがあります。

ハクビシンの足跡

ご覧のようにハクビシンの足跡が屋根瓦にくっきりと残っていました。

ハクビシンは天井裏に侵入したっきりということはなく、常に外に出たり入ったりしています。

外で食事をして夜に寝床に帰ってきたりします。

そのうち放っておくと、天井裏を巣にして子どもを出産してしまうケースもあります。

子どもがいると、追い出してもなかなか外に出ていかず、駆除に手間取ることも多々ありますので、気づいた時には早めにご相談いただきたいと思います。

被害が深刻でないと、駆除にかかる時間も費用も少なく済みます。

今回のお宅ではまだ被害が少なく、ハクビシンが1匹だけ入り込んだだけの状態でした。

ハクビシン駆除のプランとしては、薬剤による天井裏からのハクビシン追出しを行い、様子を見ながらの侵入経路の封鎖を中心とした駆除作業を実施しました。

ハクビシンは追い出してもまた戻ってくることが多いため、侵入口の封鎖のタイミングが重要です。

当社では、ハクビシンが外に出て行った後に、再度なかに入れない仕掛けを設置しての追い出し作業を行っています。

ハクビシン駆除は20年の経験がありますので、どのようなケースでもご対応可能です。

ハクビシン駆除・害獣駆除はぜひ当社に一度ご相談ください。

つくばみらい市のハクビシン駆除・害獣駆除は地域密着20年の当社へお任せください



茨城ハクビシン害獣駆除センター
〒300-1622
茨城県北相馬郡利根町布川253

茨城県南部のハクビシン駆除を毎日ご対応しております。

害虫獣防除業登録 茨城県25ね竜保第2号
(一社)茨城県ペストコントロール協会 会員
(公社)日本ペストコントロール協会 会員
防除作業監督者